年齢肌が気になる女子ブログ日記
  • HOME >
  • 適量のお酒を飲むと、全身の血行がよくなるので、お肌

適量のお酒を飲むと、全身の血行がよくなるので、お肌

適量のお酒を飲むと、全身の血行がよくなるので、お肌の血行も良くなります。
酒粕のパックはよく知られていて、お肌のくすみ対策になるようです。板状の酒粕を小さくしてボウルに入れ、水を加えてペースト状にし、ゆるめのペーストをつくります。
小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになればパックとして使えます。
ただし、アルコールに弱い方には勧められません。ほっぺたの毛穴の開きが歳をとるにつれて悪化しました。正面から自分の顔を見ると、穴がぽつぽつと見えるようになってしまいました。
この毛穴を消したい、出来るだけ小さくしたいと思って、日々のスキンケア(高い化粧品を使えばいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)に気合が入っています。
洗顔の後で冷えた収斂化粧水で、パッティングを行っていますが、少しずつ引き締まってきたように感じます。ちょくちょく洗顔をして肌に必要な皮脂が常に足りないといったことになると、その足りない皮脂を補おうと多く出すようになるのです。度を越えた洗顔をすると、乾燥状態にもなり、よりあまたの皮脂を分泌してしまうこととなっているのですから、適度の洗顔回数にして頂戴。
顔を洗ったその後は、たっぷりと化粧水を使って水分を補うことを忘れないように行なうことが大切です。



健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。

この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。



キメが細かくよく整った肌は皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。しかし、皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)の構造として一番外側に位置する表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。表皮の荒れを放置しておくと、表皮のもつバリアの機能もどんどん低下しますから、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。

真皮は肌の土台というはたらきがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。


私は40歳より少し前だと思います。


個人差はありますが、だいたいそのくらいになると加齢によって疲労がその日のうちにとれず、もち越すようになり、法令線や目元口元のゆるみが客観的にもわかるようになってきます。



それより前は、ちょっとぐらい肌がくすんだりクマが出来たりしても、リフレッシュをかねた潤いケアを行ったら、しゃきっとゲンキになりました。



しかしこの年齢になるとなかなか回復せず、復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も増えたりして、そろそろ対策をすべ聞かと思っています。

元々、私は大抵、美白に気を配っているので、四季を問わず一年中、美白タイプのベース化粧品を使用しています。これは活用しているのと用いていないのとでは著しく違うと思います。美白種類の物を使い出してからはシミやくすみが言うほどに目立たなくなりました。
美容(若さやキレイさを保つための努力をするのとしないのでは、年を経るごとに大きく差が開いていくでしょう)部員さんの座談会で肌が薄い人の話になりました。肌が薄くてシワができやすい人って、一定数いるんです。


同年代よりシワが多いと感じたら闇雲に手入れするのではなく、肌質を見つめ直してみましょう。部分的に白く粉っぽくなるほどの乾燥肌なら、気をつけるべきです。



そういった肌は薄く、水分を充分にキープすることができないため、乾燥しているところからどんどんハリが失われ、シワになっていきます。普通にしていても皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)はだんだん薄くなっていきますから、自分の現在の肌質と年齢に合ったケアというのを、考えなおしてみるとよいでしょう。
美しい肌の秘密はズバリ、肌の水分をどう保つかというのがあります。水分がたくさんあれば高い弾力性と透明力しっかりとしたハリをもった肌になります。


水分はケアをしてあげないとあっという間になくなります。

十分な量の化粧水で潤したら、たっぷりな馬油クリームで膜を造るのが重要です。



シミやそばかすなどが肌に出来てしまったため、出来るだけ薄くしたいと思い、美容(若さやキレイさを保つための努力をするのとしないのでは、年を経るごとに大きく差が開いていくでしょう)液の中でもビタミンC誘導体が配合されたものを使っています。



毎度の洗顔をしてから、清潔な指先に美容(若さやキレイさを保つための努力をするのとしないのでは、年を経るごとに大きく差が開いていくでしょう)液をとり、気になる部分に、トントンとなじませていきます。使い続けて約一ヶ月くらいで、シミとかそばかすが目立ちにくくなっ立と思えたので、幸せな気もちです。どうしてニキビができるのかというわけのひとつに、乾燥もふくまれます。肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?と不思議に思う人持たくさんいらっしゃるでしょう。当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつなのは間違いありませんが、だからといって油脂を落としすぎると、今度は肌の乾燥がひどくなり、それがもとでニキビができてしまうのです。

関連記事はコチラ

メニュー